マニアな管理人が実際に借りている数々のレンタルサーバーに関する情報をお届け

ギガレンタルサーバーで使用されるサーバーについて調べてみた 結構スペック高いのね。

ギガレンタルサーバーはSSHが許可されているので、ログインしていろいろ調べてみました。

私が契約中のサーバーはIPが27.96.52.124でホスト名はs118.mbsrv.netです。


# hostname
s118.mbsrv.net

 

OSを調べる


# cat /etc/redhat-release
CentOS release 6.5 (Final)

OSはCentOS6.5です。新しいですね。

 

CPUを調べる


# cat /proc/cpuinfo | grep "model name"
model name      : Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2430 0 @ 2.20GHz

CPUはXeonのE5-2430が二個

結構ハイスペックですね。

コア数が多いので(HT対応CPUで6コアが2個なので24コア)、一部ユーザーによるCPUの専有は起きにくいですね。これはGOODポイントです。

利用率を調べてみる


# uptime
10:59:41 up 55 days,  8:54,  1 user,  load average: 12.08, 13.14, 14.44

AM11時頃のロードアベレージは13くらい。

搭載しているCPUから考えると24くらいまでは大丈夫だと思うのでCPUの処理能力には余裕がありそうです。

 

メモリを調べる


# cat /proc/meminfo
MemTotal:       65840124 kB
MemFree:         5838504 kB

搭載メモリは約64GBで空きが10%程あるので問題なさそうです。

MYSQLのチューニング状況を調べる

せっかく豊富なメモリを積んでいるのですからもっとメモリを割り当てても良い気がします。

以下my.cnfの内容です。

[mysqld]
max_connections=750
key_buffer=16M
myisam_sort_buffer_size=64M
join_buffer=16M
read_buffer_size=16M
sort_buffer=32M
table_cache=1024
thread_cache_size=128
wait_timeout=60
interactive_timeout=30
connect_timeout=10
max_allowed_packet=16M
max_connect_errors=100
max_user_connections=50
query_cache_size=64M
datadir=/var/lib/mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
skip-name-resolve
innodb_file_per_table=1
character-set-server=utf8
#collation-server=utf8_general_ci
[mysqld]
max_connections=750
key_buffer=16M
myisam_sort_buffer_size=64M
join_buffer=16M
read_buffer_size=16M
sort_buffer=32M
table_cache=1024
thread_cache_size=128
wait_timeout=60
interactive_timeout=30
connect_timeout=10
max_allowed_packet=16M
max_connect_errors=100
max_user_connections=50
query_cache_size=64M
datadir=/var/lib/mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
skip-name-resolve
innodb_file_per_table=1
character-set-server=utf8
#collation-server=utf8_general_ci
[mysqld]
max_connections=750
key_buffer=16M
myisam_sort_buffer_size=64M
join_buffer=16M
read_buffer_size=16M
sort_buffer=32M
table_cache=1024
thread_cache_size=128
wait_timeout=60
interactive_timeout=30
connect_timeout=10
max_allowed_packet=16M
max_connect_errors=100
max_user_connections=50
query_cache_size=64M
datadir=/var/lib/mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
skip-name-resolve
innodb_file_per_table=1
character-set-server=utf8
#collation-server=utf8_general_ci
init_connect=’SET NAMES utf8’open_files_limit=50000
[mysqld_safe]
log-error=/var/log/mysqld.log
pid-file=/var/run/mysqld/mysqld.pid
open-files-limit=8192[mysqldump]
quick
max_allowed_packet=16M[myisamchk]
key_buffer=64M
sort_buffer=64M
read_buffer=16M
write_buffer=16M[client]
default-character-set=utf8

[mysql]
default-character-set=utf8

 

サーバーの収容人数

あたりまえと言えばあたりまえですが、/home以下の参照権限がなかったので収容人数は調べられませんでした。

 

ディスク容量

ギガレンタルサーバーは容量無制限という魅力的な特徴を持っています。

ただし、ディスク容量が許す限りなので、ディスクに空きが無い状況では魅力を生かせません。

ってことで調べてみました。


# df -h
Filesystem            Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/vg_s118-lv_root
50G   43G  6.7G  87% /
tmpfs                  32G  124K   32G   1% /dev/shm
/dev/sda1             485M   62M  399M  14% /boot
/dev/mapper/vg_s118-lv_home
11T  1.9T  8.3T  19% /home

/homeにコンテンツのデータが保存されます。11TB中1.9TBしか使用していないので十分な空きがあります。

接続されているディスクを調べる


# cat /proc/scsi/scsi
Attached devices:
Host: scsi0 Channel: 02 Id: 00 Lun: 00
Vendor: LSI      Model: RAID 5/6 SAS 6G  Rev: 2.13
Type:   Direct-Access                    ANSI  SCSI revision: 05
Host: scsi0 Channel: 02 Id: 01 Lun: 00
Vendor: LSI      Model: RAID 5/6 SAS 6G  Rev: 2.13
Type:   Direct-Access                    ANSI  SCSI revision: 05
Host: scsi0 Channel: 02 Id: 02 Lun: 00
Vendor: LSI      Model: RAID 5/6 SAS 6G  Rev: 2.13
Type:   Direct-Access                    ANSI  SCSI revision: 05
Host: scsi0 Channel: 02 Id: 03 Lun: 00
Vendor: LSI      Model: RAID 5/6 SAS 6G  Rev: 2.13
Type:   Direct-Access                    ANSI  SCSI revision: 05

あまり詳しいことはわかりませんが、4TBのディスク4台でRAID6かな?

 

まとめ

正直言って低スペックマシンで運営されていると見くびっていたのですが、調べてみるとかなりハイスペックなマシンで驚きました。

月額980円なら十分ありではないでしょうか。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。