マニアな管理人が実際に借りている数々のレンタルサーバーに関する情報をお届け

小規模でも本気のサイトなら最低でもこのライン!スタンダードプランの詳細

さくらのレンタルサーバ スタンダード

スタンダードプランの詳細一覧

月額費用 515円 (1年契約で428円) 初期費用 1029円
年額費用 5142円 長期契約割引 ○1年契約で年間-1038円
ディスク容量 100GB 1GBあたりの単価 5.15円 (1年契約時4.29円)
独自ドメイン 独自ドメイン数 20
SSH ファイルマネージャ
SFTP FTPS
.htaccess CRON
独自SSL 共有SSL
SSI PHP
PERL RUBY
PYTHON WAF
MYSQL MYSQL DB数 20
POSTGRESQL POSTGRESQL DB数 -
SQLITE
転送量の制限 80GB/日
WORDPRESSの利用
WORDPRESSの自動インストール
MOVABLETYPEの利用
電話サポート

スタンダードプランならだいたい大丈夫

月額が515円と「ライトプラン」とくらべて少々割高になりますが、MYSQLと共有SSLがが利用できるようになります。
MYSQLの利用ができないことがライトプランの欠点だったので、このプランはライトプランの欠点を補ったようなプランです。

ディスク容量1GBあたりの単価が最安!

ディスク容量は100で、1GBあたりの単価が5.15円と、さくらインターネットの契約プランの中では最安のプランです。
上位のプランにしてもこれ以上単価は安くならないどころか、高くなります。

他のプランを選択する理由は?

全プランの比較は「さくらインターネットの契約プランを徹底比較!!」を参照してください。

MYSQLが不要で、HTML+CSS+画像で構成される小規模、低アクセス数のサイトであれば下位の「ライトプラン」で問題ないでしょう。

これ以上上位のプランに変更しても機能に差はありません。違いはサーバー一台あたりのユーザー数で、これはサーバー負荷の許容量の違いということになります。
その為、アクセス数が多かったり高負荷な処理を行う場合は上位のプランを選択しましょう。
上位プランになると価格も上がりますので、利用しているユーザーの質もあがります。

安定したサイト運営をしたい場合は上位プランを選択しましょう。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。